公益財団法人家計経済研究所は、家計や生活の実態と将来について生活者の視点に立って調査研究を進めている研究機関です。



ご挨拶

  拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  公益財団法人家計経済研究所は平成29年12月5日をもちまして解散することと相成りまし た。
  当研究所は昭和61年7月に内閣総理大臣の許可を受け設立され、平成22年3月には公益財団法人の認定を受けました。
  この間、当研究所は家計経済研究の拠点として幾多の研究成果を発表するとともに、平成5年からは本邦初のパネル調査である「消費生活に関するパネル調査」を実施し、これに基づく研究を発表するとともに得られたデータを研究者に提供してまいりました。
  当研究所の目的・事業に深い理解をお示しくださりその活動を支援していただきました皆様に厚くお礼を申し上げます。

  なお、当研究所で実施してまいりました「消費生活に関するパネル調査」は、今後慶応義塾大学経済研究所附属パネルデータ設計・解析センターにおいて実施され、パネルデータの提供も行われることとなっております。
  甚だ略儀ではございますが書中にて解散の御挨拶を申し上げます。
敬具    
      平成29年11月
公益財団法人 家計経済研究所
理事長 赤木滋

PDF版